借金に頼りすぎるとどうなるか

いまはカードローンなど無担保で誰でも気軽にお金を借りられる時代になりました。しかし、そのことが仇となって借金に苦しむ人も増えています。

お金を借りることによって問題を解決することができるケースがあるのは確かです。しかし、あまりに借金に頼り過ぎると自分の生活を破壊してしまうことにもつながるのです。

カードローンは限度額に達しないかぎり、お金を自由に引き出せるという便利なシステムです。しかし、お金をいくらでも引き出せるという感覚に慣れてしまうと借金としての意識が次第に薄れていきます。

限度額や借入額は借金です。しかし、カードローンを常用しているうちにまるでその限度額が自分の貯金のように思えてくるのです。

こういう状況に陥ると人は常に限度額いっぱいまでお金を引き出すようになります。もちろん返済は毎月巡ってきますから、生活は苦しくなってきます。そこで、返済のために新たなカードローンに手を出してしまうのです。

こうして借りては返す自転車操業が始まりますが、限度額は自分の持ち金という錯覚に陥っているため、危機感は薄いままです。返済が苦しいのにさらに浪費を重ねてしまい、新たに作ったカードも限度額いっぱいまでお金を借りることになります。これをくり返してカードは増えていき、いずれ借りられなくなった時点で破産というわけです。

借金の恐ろしいところは、本来自分のお金でないものを自分のもののように錯覚してしまう点にあります。もし、やむを得ない事情でお金を借りることがあっても、すぐにきれいサッパリ返済を済ませて早めに借金との関係を断ち切りましょう。

債務整理はこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です